恋愛感情の持ち方の話②

続いた!
前回の記事を読み直してて、つくづく自分の頭の悪さに驚いた。
馬鹿なんです。

さて続き(?)です。
引用ばっかりしてごめんなさい。
でも本当にわたしが書いたんじゃないかって思うくらい、わかるって思ってしまった。
(いやわたしよりずっと性格歪んでないと思うけど)

私はすごくプライドが高いんだと思う。 人から愛されて当然とでも思ってるんだろうか、元カレのことは好きじゃなかったのに、迷惑だとさえ思っていたのに、元カレに彼女ができたら信じられないくらい嫉妬に狂う。「じゃあ付き合おう」って言われたらそれは話が違うんだけど。付き合わなくていいいからずっとそばで私のことずっと好きでいてほしい。見返りは求めないでほしい、なにもあげられないから。 みんな私のこと好きになってくれたらいいのにって思う。絶世の美女でもなければ、マザーテレサみたいに性格がいいわけでもない。平凡な、いやむしろブスにカテゴライズされるであろう私みたいな女が何を言ってるんだってバカにしてくれて構わないから。死ぬほど人から愛されたいのにその愛情と対等なものはなにも返せない。けど、それでもいいよってそばで笑っていてほしい。自分にそこまでの価値があるんだろうか。答えはNO。即答。愛される価値なんてないのに愛を求める滑稽な私。人からの好意を簡単に捨てるくせに愛を求める私ほんとに気持ち悪い。

自分だけを愛してこのまま死んでいく - 右も左も前も後ろも


わかる。
わたしは自分のプライドの高さを自覚している。
もちろん(?)わたしも、自分に愛される価値があるなんてちっとも思ってない。
いや愛されたいと思っているから、誰にだって愛されたいから、基本的には誰の前でもいい人ぶってるけれど。親友とか長い付き合いの相手には色々と言えるけど、それ以外の人の前では常にいい人でいたくて、自分の心に嘘を吐きがちだ。
わたしから何も返さなくていいなら、どうぞ好きになってくれと思う。別に嫌いなわけじゃないから。
でも、好きにはなれない。
しかもわたしの場合、わたしの好きな人に好きになってもらえたら承認欲求は満たされるかと言われると多分違う。
仲のいい友人たちがわたしを好きだと言ってくれる。少し調子に乗る。でも、そのわたしのいう仲のいい友人というのは、結婚式に呼んでくれるくらいの間柄であって、ちょっと会うレベルの友人たちじゃない。
ちょっと会うレベルの友人たちには、いつ嫌われるか捨てられるか常に怯えて生きている。
だからいい顔をしていたし嫌われたくない。誰にでも。
誰もいなくなっちゃったら困るから、誰のこともわたしは切り捨てられない。
そんなこと難しいってわかってる。
2:6:2の法則だっけ?わたしの傍にいてくれる人はその2+6=8だとして、その母数を増やせば分子は増える。そうしていたい。嫌われたなら、他の人で補充しないと耐え切れない。
その“他の人”は誰だっていい。
狂ってると思う。自分が自分で気持ち悪い。
自分のことを好きだと言ってくれる人からの言葉だけで承認欲求が満たされたらいいのに。

不安型愛着障害の特徴 基本的に不安型は、他人に嫌われないように顔色を伺う傾向が強い。気を使いすぎて気後れしてしまったり、ストレスがたまると他人を求める。自分は人に見捨てられるかもしれないという不安が常に強い。依存心が強く他人を求めるが、一方で見捨てられるかもしれないという思いもあり、そのジレンマで苦しんでいる。「あの人はすごい」など過度に特定の人やものを理想化し、心酔して依存しようとする。

社会に生きづらさを感じる人へ、愛着障害の特徴と克服方法 - 前向きネガティブ


『特定の人』ねえ。

だから若手俳優なんかに恋をしているのかもしれない。はい、どうも、りあこ*1です。まぁわたし彼のファンじゃないけど。このへん怖い人から叩かれそうだなあ。まぁいいや、この話はまた今度。

まぁ極論的にいえば、わたしはきっと若手俳優になりたいのだ。愛される人間になりたい。
これもきっと全てはプライドの高さが起因していると思う。
このプライドが高いという例(?)は他にもあって、恋愛的に好きだと言ってくれる男の人または小数でも女の人を、わたしはつい値踏みしがちだ。
傍から見てどれだけこの人に価値があるのか。
自分が心底愛してる相手なら、そんな評価気にしないはずなのに。
でも、付き合うっていうことは二人セットで見られることが多くなる気がするから。
大学一年生の時に付き合っていた彼氏は、すごく自信家だった。芸能事[俳優ではない]やってたのもあって、顔も割りと知られていたし友人も多かった。 学部の違う彼の友人に「○○のカノジョ」と言われるのが嫌だった。わたしは彼が好きで付き合ったわけじゃなくて流れに任せただけ*2だったし、人に紹介出来ないと思ってた。
それは、彼が決して顔が整ってるとは言えなかったからだ。と、最初は思ってた。
そのあと、顔が整ってる人と何回か出掛けた。でも、今度は自分がそんな格好いい人と歩いていることで何を言われるのか気になって、それが気持ち悪くなった。

美容院のキラキラしたお姉さんとか、整いすぎた顔立ちのエステのお姉さんとか。自分よりかわいくて綺麗でキラキラしてる人女の人を見るのも苦痛で、内心私のことなんかバカにしてるんだろうなって勝手に思い込んで一人で辛くなる。見下されてるって被害妄想してバカみたいだね。

自分だけを愛してこのまま死んでいく - 右も左も前も後ろも


本当にそれ。
自分に自信がなくて、だからこそ今自分に寄ってくる相手は理想の相手には程遠くて、自分の“程度”がまざまざ突き付けられるのが嫌になるんだと思った。
自分に自信はないくせに、理想はすごく高いんだよね。たぶん。
こうなりたい自分があるから、今の自分は自分じゃないって無意識にきっと思ってて、そんな自分が許せなくて。
だから、一緒に歩くのが恥ずかしい。どこかに出掛けたり、外でご飯食べたりもしたくない。
わたしが誰かを値踏みする時のように、誰かもわたしを値踏みしている。被害妄想甚だしい。
でも、頭に真っ先に浮かぶのは常に他人からの評価がどうあるか。
普通の人じゃ、多分もう駄目なのだ。
それは別に、わたしがりあこだということを、正当化しているわけでも何でもなくて、ひたすらにややこしい感情。
誰と付き合ったってきっと苦しむ。
自分では全く好みじゃない相手と付き合えば自分の評価、こんなにレベルが低いのかって思う落胆。普通の相手と付き合えばそれもやっぱり自分の評価、普通だって判断されることへの恐怖。イケメンとか圧倒的に性格のいい人と付き合えば、それも結局自分の評価、何でこんなちんちくりんがって思われるだろうという自己嫌悪。
こんなに自分・自分・自分ばかりなわたしが嫌い。
それでも肯定してほしくて、結局それはつまるところ自分の理想に近付くことでしか解消されないのだ。そうならないからモヤモヤして辛くなる。
毎日しんどい。

もしかしたら③に続く。

*1:若手俳優にリアルに恋をしている人間のことをこう呼ぶ

*2:オール明けになんとなくふわっと告白されて付き合った

恋愛感情の持ち方の話①

ふわふわと、いつものように、はてブロを徘徊していたら、とんでもない記事に出会った。
わたしが書いたのかと思った。
あまりに共感しすぎたので、勢いでブログを作った。今まで見る専門だったのに。

「男性からの好意が気持ち悪い」 男性不信じゃない。デートもするし、彼氏もいた。ただ、好きだと思った人に告白されそうになる、もしくはそういう雰囲気になるとものすごく気持ち悪くなってどうにかしてその場を切り抜けないといけないっていう使命感にかられる。正直に言ってこの現象が起きる自分は異常だと思うしおかしいことくらい分かってる。今はいい、デートだけして楽しい時間だけ過ごして、付き合うのは先延ばし。そんな風にのらりくらり生きていけばいい。ありがたいことに若いってだけで男の人が来てくれる。でもこれが二十代後半になったらどうだろう、三十代になったら?不安ばっかり溢れて毎日辛い、助けてほしい。

自分だけを愛してこのまま死んでいく - 右も左も前も後ろも


そうなのである!!!!!
男性不信ではない。でも好意を持たれるのが気持ち悪くてたまらない。
彼氏がいたことはあるし、デートしたこともある。
でも、告白されそうとか、そういう雰囲気になりそうになったら、逃げる。
人間として酷いと思う。でも、自分が可愛いから、傷つきたくないから。
今はまだ、男の人が寄ってきてくれるからいい。それでも年齢的には友人は結婚し始めているし、友達によっては「焦ったほういいよ」って心配してくれる。
一人で一生暮らしていきたくない。パートナーは欲しい。でも、好意が気持ち悪くて何も事態は進展しない。

わたしの場合はセクシャリティの問題だ。
ロマンティックアセクシャル、と聞いて直ぐに何がどうなのか想像できる人は少ないと思う。
わたしは自分のセクシャリティを、このロマンティックアセクシャルだと自覚している。

Aセクシャルとは、他人に対して性的魅力を感じないことを指します。ちなみに発音の仕方は、「エイセクシャル」または「アセクシャル」です。 で、問題は、「性的魅力」という語です。性的魅力とは、性的な関心や欲求を指すと考えたらいいようです。ただし、ここに「恋愛感情」は含まれません。 なぜならば、Aセクシャルの下位分類として、「ロマンティック Aセクシャル」「アロマンティック Aセクシャル」というのが存在するからです。 恋愛感情を抱くAセクシャルが、「ロマンティック Aセクシャル」、恋愛感情を持たないAセクシャルが「アロマンティック Aセクシャル」です。

同性が好きだけど異性愛者です!?―Aセクシャルの分類より - LGBTsニート


大抵の場合、男性から向けられる好意は恋愛的要素が大きい。友愛の場合も勿論あるけれど、このブログを書かれた方も、きっとわたしと同様に、この恋愛的要素に嫌悪を感じてしまうんじゃないかなあ。
一般的な概念として、友愛と恋愛の大きな違いは性的欲求・性衝動*1に集約されると感じている。
例えば、同性の親友に対してキスしたいとかセックスしたいと感じるかと聞かれれば多くの人はノーと答えるだろう。世界の大多数はヘテロである。
まず女性からそういう好意を向けられることは珍しい。だから安心してられる。仮にそう見られていたとしても、男女間に比べレイプの危険性は少ないと思う。
対して男性からするとどうか。無差別に誰にでも手を出す人は少ないだろう。でも、あわよくば隙あらば手を出してくる人はごまんといる。
実際、酔った勢いで手を出してきた知り合い*2も一人じゃない。

先述した通り、わたしのセクシャリティはロマンティックアセクシャルだ。
アセクシャルだが、恋愛感情は持っている。でも、わたしの場合はそこに性的欲求は全く含まれない。
だから、一般的な概念としては、と書いた。どんなことにも例外はある。
わたしも実際に『手を繋ぎたい』と思う瞬間はある。その意味では、全く性的欲求がないとは言えないかもしれない。それでも、手を繋ぐが最大だ。
ここがデミセクシャル*3の人とはきっと違う。

質問9:LGBTQの人たちの中には「アセクシャルの人たちはただセックスが怖いだけ」「いいセックスをしてないだけ」などという人たちがいますが、そういう人たちにどのように答えますか? 僕は、そういう言葉をLGBTQの人たちから聞く時、とても悲しい気持ちになります。なぜなら、全く同じことを彼ら・彼女らのセクシャリティに反対する人たちが「いい男に会ったことがないだけで、あなたはレズビアンなんかじゃないよ」「ゲイなのは選んでいるからだよね」「医学的に問題があるんだよ」などと言っているからです。アセクシャルの人たちが「アセクシャルなのは選んでいるからだよ」「ホルモン異常なんじゃない?」「いいセックスの相手を見つけてないんじゃない?」と言われるのと何が違うのでしょうか? 何も違いません。そのような発言をする人は、他者に反発するだけでなく、その人たち自身も同じような発言に苦しんでいる。そうなってしまうのは、人々が互いの発言に縛られていることに気づいていないから。アセクシャルというのは多くの人にとって理解しがたいことだと思う、なぜなら多くの人たちは人に性的魅力を感じるから。性的魅力を感じない人の気持ちを想像するのが難しいんだよ。

アセクシャルのゲイ男性がうける誤解とは


こういうことだ。
わたしは、性的接触が気持ち悪くてたまらない。
性嫌悪*4もあるのかなと自分では思っている。とにかく向こうから触られるのが駄目なのだ。自分から自発的に手を繋ぐぶんには大丈夫だが、向こうから来られるとゾッとする。
同じ理由で、元カレとセックスする時も、絶対に鳥肌が立っていた。
キスする時も、顔に触れられる時も。拒否反応に繋がってしまう。信頼している友人でも顔周りを触られるのは駄目である。
ちなみに、わたしはバイなので女性ともセックスしたことがある。その時も一緒だった。ずっと鳥肌が立っていて、指先も爪先も冷えきってた。その時の相手は一生懸命抱きしめてくれた。でも気持ち悪かった。これから“そういうことをする”とわかっていたから。

質問6:アセクシャルのゲイとして生きていて、特にいい経験や悪い経験をしたことはありますか? デートをしていた男性に自分のことを伝えたら「そうなんだ!君のアイデンティティを尊重するよ」と言われたことがあるよ。しかも、その後も僕のアイデンティティについて全く問題にならなかったんだ。彼は性的な行為に及ぶ前に、いつも僕の同意を確認してくれて、とても気分がよかったよ。一方で、元彼の中には僕が以前セックスをしたことがあることを理由に僕がアセクシャルであることを「嘘だ」と認めなかった人たちもいた。「医学的に身体的に何か問題があるわけでもないよ。これが僕のセクシャリティなんだ」と伝えても彼らは理解してくれなかったよ。もし女性とセックスしようと思えばできるでしょ?でもしない。だって楽しくないから。それと同じ。僕は基本的にセックスしない。だって楽しくないから。

アセクシャルのゲイ男性がうける誤解とは


セックスが出来ないわけではないのだ。触られれば生理反応はちゃんと出る。でも、好きじゃない。楽しくないし、気持ちが悪いのを我慢しているだけだから。
結婚するとしたら、子どもを作るために頑張ってするかもしれないけど、進んでやりたいとは思えないなあ。
そもそも結婚できるのか?っていう不安が先に来てしまうけど。



と、まあここまで長くなってきたけれど、最初にあげたブログの方に共感したのはこれだけじゃない。
ひとまず一度区切ります。
次の②に続く。

*1:何をもってそうと言うかは難しいが“触れたい”が含まれるものとする

*2:散々わたしの容姿も性格もディスるような奴だったので間違っても元からわたしを好きだったわけじゃないと思う

*3:強い情緒的結びつきを感じた・築けた相手にのみ性的欲求・性衝動を持つセクシャリティ

*4:参照wikipedia:性嫌悪